20200513-05130166-sph-000-3-view



1935: こちらの記事もいかがでしょうか? 2010/08/04(水) 00:39:34.43 ID:Bsspirits

オリックスの比嘉幹貴投手(37)が13日、大阪・舞洲で自主練習を行った。キャッチボールやランニング、ウェートトレなどで汗を流した右腕は「現在は自主練習という形で練習をさせていただけているので、しっかりと基本を見つめ直す時間にしています」と球団を通じてコメント。プロ11年目を迎えているチーム最年長投手は開幕延期で増えたこの期間に、投球フォームの再チェックなどを行っており「基本的なトレーニングに重点を置いて練習しています」と明かした。

 練習後のアフターケアにも気を配っており「今は家にいる時間も多いので、しっかりとお風呂に入って、ストレッチの時間を多く取るようにしています」と説明。さらに「普段であれば、なかなか一緒にいることができない時期だと思うので、家族といる時間を大切にしています」と家族団らんでリフレッシュしているようだ。  

参考 URL 



あんなに怪我に泣かされた比嘉がチーム最年長とまで言われるぐらい現役続けられているのはびっくりです。

かつて最強リリーフ陣を組んでいたサトタツ、馬原、岸田は既に引退しもはや残ってるのは比嘉と海外の平野のみ。
よっさんはまだまだ海外で頑張ってくれると思いますがなんとか比嘉が元気なうちに優勝したいもんですよね…