海田2


1935: こちらの記事もいかがでしょうか? 2010/08/04(水) 00:39:34.43 ID:Bsspirits


「ちょっといいですか?」。契約更改交渉後の会見。取材が終わり、記者が席を立とうとすると、オリックス・海田智行投手(30)はそう言って自ら切り出した。

「今回、左肘を手術するかどうか僕の中で、本当に悩んだ時期がありました。それで、8月の終わり頃ですかね。田口2軍監督が 『チームのことより、自分のことを考えればいい。それが、チームのためになるから』と言ってくれて…」

近年、貴重な左のリリーフとして欠かせない存在になっていたが、今年は開幕から本来の力が発揮できず、5月上旬に2軍降格。原因の一つに左肘痛があった。だましだまし付き合ってきた痛みは限界に近かった。  

参考 URL 



海田の更改は8日なのでちょっと前の記事なんですが田口いいこといいますよねー

手術に踏み切るということは暫く投げられへんということ、
投げられへんというのは投手にとって辛いことやと思います。
海田がそこらへんによくおる左で投げるだけの投手ならともかく貴重な一軍で投げられる左中継ぎなのでチームにかなり迷惑もかかりますしね。

あと確か結婚したばかりでこれからお金色々かかるやろって所で投げられへんということは給料も下がるというのは家庭の大黒柱として精神的にキツいものがあるんや思います。

そんな色々な思いもあって痛いけど手術するかせんかで悩んでいた所で田口の背中を押す一言は非常にありがたかったと思います!

今年の更改で限度額いっぱいまで下がりましたが来年は痛みの不安もとれて100パーセントの力で投げられると思いますし来年はしっかりチームに貢献して減らされた分もしっかり取り返して欲しいですね!
頑張れ海田!