20170718-01857884-nksports-000-6-view
 オリックスは18日、同日に行われたロッテ戦(ZOZOマリン)の3回に顔面に死球を受けた若月健矢が習志野市内の病院でCT検査を受け、左上顎部打撲との診断されたことを発表した。

 脳に異常はなく、20日以降は状態を見ながら練習等を行っていくとのこと。

 9番・捕手で先発した若月は3回、二死走者なしの状況からロッテ先発・唐川侑己のストレートを顔面に受け、伊藤光と交代。一方の唐川は危険球退場で東條大樹と交代した。   

参考 URL