元オリ柴田亮輔の漫画の主人公みたいな野球人生
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1484882052

img_1

1:名無しさん@おーぷん:2017/01/20(金)12:14:12 K2D
中学校から野球始める(それまではサッカー一筋)
中学校の野球部では一勝しかできないものの、一般入試で愛工大名電に入学
同級生の球にかすりもせず、絶望
必死の努力を認められ、レギュラー&主将に
自分が足を引っ張っていると感じ、毎日志願の居残りノック
甲子園に出場後、オリックスからドラフト3位指名
4:名無しさん@おーぷん:2017/01/20(金)12:23:46 iYn
同じオリックスなら戸田亮もなかなかやろ
野手で高校か大学まで控えだったけど社会人で150キロオーバーの投手になってプロ入り

なおクビ
9:名無しさん@おーぷん:2017/01/20(金)12:51:39 BUC
こういうサクセスストーリー好きンゴねぇ…
11:名無しさん@おーぷん:2017/01/20(金)19:49:21 tMm
三年選抜で甲子園優勝してるしな、夏は後のチームメイトの清峰・古川に負けてるが。
1個下で天才四番堂上直倫、悲劇のエース齋賀、社会人で覚醒したドラ1十亀…
そんなかの努力の主将だから主人公要素強いな
12:名無しさん@おーぷん:2017/01/20(金)19:52:13 K2D
>>11
挫折と栄光が交互に来るのがドラマチックよな
プロ人生が完璧に挫折で終わるバットエンドやけども
10:名無しさん@おーぷん:2017/01/20(金)12:59:48 Fcr
逆にサッカーそのまま一筋で続けてたらもっと活躍できてそうって思ったらだめか?


記憶が正しければ守備は下手くそでしたけど盗塁はそこそこできてボチボチ打てるよというタイプだった気がします
セカンドキャリアが上手いこと言ってることを期待しております


プロ野球・二軍の謎 (幻冬舎新書) バファローズポンタ 30cmぬいぐるみ2017